欧州留学フェア2018、フランスの芸術教育機関も来日 [fr]

 欧州留学フェア(EHEF)2018が5月19日(土)と20日(日)、東京と大阪で開催されます。ヨーロッパからフランスの教育機関20校を含む過去最多の70校以上が参加します。EHEF共催者のフランス政府留学局・日本支局は、今年で7回目を迎えるフェアに際し、フランスの芸術教育機関ネットワーク「CampusArt」に所属する6校を招待して、フランスの芸術教育に焦点を当てることにしました。

JPEG - 379.1 kb
欧州留学フェア2018
© DR

 
 第7回EHEFは参加校数、参加国数ともに過去最高を記録した昨年の余勢を駆って、さらに拡充します。ヨーロッパ22カ国から83校以上が来日し、日本人学生と直接対面しながら各校の教育内容を紹介します。EHEFは2日間にわたり行われます。5月19日(土)は東京の明治大学で、翌20日(日)は従来の京都に代わって、初めて大阪国際交流センターで開催されます。

 フランスの参加校は大学、商業系・理工系のグランド・ゼコール、高等技能学校など、参加国中最多の20校に上ります。今回初めて、フランスの芸術教育機関ネットワーク「CampusArt」に所属する6校(美術、デザイン、ファッションなど)が来日します。

 フランス政府留学局・日本支局は今年、フランスの芸術教育を前面に出すことを望みました。極めて質が高いフランスの芸術教育は、日本人学生にはまだよく知られていません。同時に「CampusArt」ネットワークも紹介します。フランス政府留学局が窓口となって、外国人留学生を対象に、芸術・建築教育機関に関する情報提供から出願手続きまで一括して行うワンストップサービスを提供します。

 今回来日する芸術教育機関6校は、5月19日に東京で開催されるフェアに参加します。

 翌20日(日)には、特別イベント「スタディ・アート・イン・フランス・デー」が、フランスのアーティスト・イン・レジデンス拠点「ヴィラ九条山」(京都市)で開催されます。上記6校が教育内容を紹介するほか、各校の学生が制作した作品が展示されます。来場者は各校のブースで代表者と直接対話できるほか、ヴィラ九条山の活動見学やアーティストの工房訪問にも参加できます。日仏交流160周年記念事業の一環として行われるこの特別な1日を、ぜひご一緒にお過ごしください。

フランス政府留学局・日本支局長
ファニー・ドゥロルム
大学交流担当官大学交流部門主任
ダヴィド・マリナス

関連リンク

PDF - 433.7 kb
欧州留学フェア2018のチラシをダウンロード
(PDF - 433.7 kb)
PDF - 4 Mb
「スタディ・アート・イン・フランス・デー」のチラシをダウンロード
(PDF - 4 Mb)

最終更新日 23/05/2018

このページのトップへ戻る