拡散に対する安全保障構想ハイレベル政治会合 [fr]

 拡散に対する安全保障構想(PSI)創設15周年を記念するハイレベル政治会合が5月15日と16日、フランスで開催されます。

 PSIは105カ国間の柔軟な協力メカニズムで、大量破壊兵器およびその運搬手段、それらの生産に利用可能な物資の不正取引を阻止することを目的とします。これらの海上、航空、陸上輸送を防止するため、有志国間で機動的かつ効果的な協力関係を構築し、強化することをめざします。

 このイニシアティブを通して、フランスを含むPSIパートナー諸国は過去15年間、数多くの違法な大量破壊兵器関連貨物の輸送を連携して阻止し、国際法に従って、大量破壊兵器および弾道ミサイルの拡散防止に具体的に貢献しています。

 フランスはPSIとこのイニシアティブのおかげで拡散防止分野で得られた成果を重視する立場を改めて表明します。フランスはすべての国に対し、とりわけ拡散防止関連の国連安全保障理事会諸決議をはじめ、国際的義務を完全順守するよう呼びかけます。

最終更新日 16/05/2018

このページのトップへ戻る