フランス映画祭2018が横浜で開催 [fr]

 今年で26回目を数えるフランス映画祭が6月21日(木)から24日(日)まで、横浜市のみなとみらい地区を中心に開催されます。本映画祭はユニフランスの主催、横浜市と在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本の共催、日産自動車の特別協賛により開催されます。

JPEG

フランス映画の多様性を代表する上映作品

 日本の映画ファンは4日間の会期中、フランス映画の多様性を代表する厳選作品を鑑賞できます。例えば、豪華絢爛な結婚式が一転して大騒動となるコメディ映画『セラヴィ!』(エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ共同監督)、病気を患いながらも毎日を精一杯生きる子どもたちを見つめるドキュメンタリー映画『子どもが教えてくれたこと』(アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督)、マルグリット・デュラスの自伝的小説『苦悩』を基に描かれた壮大な物語『メモワール・オブ・ペイン』(エマニュエル・フィンケル監督)などが挙げられます。

映画祭の顔を務める2人の女優

 今回は2人の女優がフランス映画祭の顔を務めます。フランス映画祭 2018団長の女優ナタリー・バイと、フェスティバル・ミューズの女優、常盤貴子です。ナタリー・バイは自身が出演する『モカ色の車』(監督:フレデリック・メルムー)を紹介します。

フランス代表団

 フランス映画界から16人が来日し、日本の映画ファンに上映作品を紹介します。

マスタークラス

 本映画祭に併せて、横浜市立大学、東京藝術大学、早稲田大学で、映画における女性、新世代俳優、フランス流映画など、幅広いテーマをめぐるマスタークラスが開催されます。

Gaumont 映画誕生と共に歩んできた歴史

 映画製作会社ゴーモンの歴史をたどる展覧会が、横浜赤レンガ倉庫1号館、YCCヨコハマ創造都市センター、アンスティチュ・フランセ東京で開催されます。

 横浜市は日仏交流160周年を迎える今年、フランス映画一色に染まります。

在日フランス大使館文化部映像放送担当官
アンスティチュ・フランセ日本映像・音楽部門主任
ヌーレディン・エサディ

関連リンク

最終更新日 02/07/2018

このページのトップへ戻る