第1回人工知能に関する日独仏合同シンポジウム [fr]

 人工知能に関する初の日独仏合同シンポジウムが11月21日(水)と22日(木)、在日フランス大使館とドイツ科学・イノベーションフォーラム東京によって開催されます。

JPEG 在日フランス大使館は2年前より、人工知能(AI)をテーマとしたイベントの開催に携わっています。

 今年はドイツ学術交流会(DAAD)が管轄するドイツ科学・イノベーションフォーラム東京(DWIH東京)と協力して、AIに関する初の日独仏合同シンポジウムを開催します。

 11月21日(水)と22日(木)の2日間にわたる本シンポジウムは、約300人の聴講者が集まる全体セッションと、ワークショップをモデルとした、より少人数の参加型並行セッションにより構成されます。フランスの公共部門・民間部門を代表するこのテーマの専門家が、ドイツと日本の専門家と協調しながら、講演者や司会者として参加します。

 本シンポジウムは在日ドイツ大使館やドイツのパートナー機関に加えて、フランスの国立科学研究センター(CNRS)、原子力・代替エネルギー庁(CEA)、国立研究機構(ANR)、高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)、国立情報学・自動制御研究所(Inria)、DATAIA研究所の支援を得ています。

詳細情報

会場 虎ノ門ヒルズ(東京)
会期 2018年11月21日(水)、22日(木)
言語 英語
参加登録 8月より開始予定
DWIH東京のイベント関連ページ(英語)

最終更新日 21/06/2018

このページのトップへ戻る