イラク・アルビルでフェット・ド・ラ・ミュージック開催 [fr]

 フランスで1982年に始まったフェット・ド・ラ・ミュージックが6月21日、世界各地で開催されました。

 2017年には世界120カ国で、1万2,000のイベントが開催されました。他方、イラク北部の都市アルビルでは2013年以来、戦争のために開催されていませんでした。

 2017年7月にテロ組織「ダーイシュ(イスラム国)」の支配から解放されたモスル市から100キロメートル足らずに位置するアルビル市は、正常で平和な生活を回復する希望を少しずつ取り戻しています。この極めて象徴的な背景の中で、在アルビル・フランス総領事館はフェット・ド・ラ・ミュージックを開催することを望みました。喜びとお祭りでつながる一体感を象徴するこのイベントは、在アルビル・フランス総領事館開設10周年を祝う機会でもありました。

 総領事館の招へいでアルビルに来たフランスのグループやアーティストが6月19日から、イラクのアーティストと一緒にアルビル、ドホーク、スレイマニヤの3都市で演奏しました。アーティストたちはシリアやイラクの住民を受け入れている難民キャンプも訪れます。これらのキャンプではフランスが支援するNGO(非政府組織)が活動しています。

最終更新日 22/06/2018

このページのトップへ戻る