日仏討論会「高齢者のための未来都市とは?」 [fr]

 日仏討論会「高齢者のための未来都市とは?」が7月11日(水)18時より、東京・恵比寿の日仏会館で開催されます。

JPEG

 日本とフランスでは高齢化のペースが大きく異なるとはいえ、両国は都市を高齢者にどう適合させるかという課題に直面しています。自立した生活を送る能力を失った人のついのすみかの問題は、施設介護を優先させるべきか、それとも本人がしばしば希望するように、制約があっても、在宅生活を続けられるようにすべきかというジレンマがあります。

 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本と日仏会館・フランス国立日本研究所は、このテーマをめぐり日仏双方の視点で意見を交わすため、日仏討論会「高齢者のための未来都市とは?」を7月11日(水)18時から20時30分まで、東京・恵比寿の日仏会館で開催します。

 討論に先立ち、2人の専門家が各自の研究成果を具体例を通して紹介します。フランスからは地理学・地域整備学博士で社会学者(リヨン第3大学)のピエール=マリー・シャポン氏が登壇し、この問題を地理学的アプローチを通して検討します。シャポン氏は高齢者に優しい地域イノベーション研究センター(CRITADA)所長で、2016年まで世界保健機構(WHO)で「高齢者に優しい都市」プログラムのフランス代表を務めました。他方、明治大学建築学科の園田眞理子教授は、「福祉先進都市・東京の実現に向けた地域包括ケアシステムの在り方検討会議」副委員長を務めた経験を踏まえ、日本の現状と展望を紹介します。

 本討論会では、ガバナンスの諸問題、新技術の役割、家族の役割などについても取り上げます。司会は日仏会館・フランス国立日本研究所の研究員で、地理学者・都市計画家のソフィー・ビュニク氏が務めます。

 大勢の皆さまのご参加をお待ちしています。

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
書籍・グローバル討論部門アタシェ
サラ・ヴァンディ

開催概要

日時:2018年7月11日(水)18:00~20:30
会場:日仏会館ホール(〒150-0013東京都渋谷区恵比寿)
日仏同時通訳付き、入場無料・要事前申し込み
日仏会館フランス事務所のイベント関連ページ
共催: 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所

PDF - 1.2 Mb
チラシをダウンロード
(PDF - 1.2 Mb)

最終更新日 12/07/2018

このページのトップへ戻る