拷問の犠牲者を支援する国際デー [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は6月26日、拷問の犠牲者を支援する国際デーに際して声明を発表しました。

 フランスは6月26日、拷問の犠牲者を支援する国際デーに際し、あらゆる形態の許し難いこの慣行と闘うという約束を再確認します。

 フランスは国際法に従って、いかなる場合でも拷問が全面禁止であることを改めて指摘します。さらに拷問等禁止条約および選択議定書の未加入国に対し、加入するよう呼びかけます。

 フランスはこれらの犯罪の行為者の不処罰と闘うとともに、拷問の犠牲者を保護するためにも行動します。

JPEG

最終更新日 27/06/2018

このページのトップへ戻る