フランソワ=グザビエ・リエナール氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパンのフランソワ=グザビエ・リエナール社長は6月14日、極めて良好な日仏経済関係に対する長年の貢献が認められ、ローラン・ピック駐日フランス大使により、国家功労勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 497.7 kb
ビュッフェ・クランポン・ジャパンのフランソワ=グザビエ・リエナール社長
© 在日フランス大使館

 日仏の大手企業で15年以上の職歴があるリエナール氏は、日本で活動するフランス人実業家の世界でだれもが認める人物です。日本語が堪能で、日本文化にも造詣が深いリエナール氏は、フランスのサンゴバン社の日本におけるプレゼンス強化に貢献した後、フランスの管楽器の最大手メーカー、ビュッフェ・クランポン社の日本法人社長に就任しました。

 リエナール氏は本業の傍ら、日仏の代表機関にも積極的に協力し、日本市場に関する自分の知識を惜しみなく共有しています。フランス国際企業インターンシップ・プログラム(V.I.E.)経験者が集まるクラブを創設したほか、在日フランス商工会議所の理事を数年にわたり務め、在日フランス政府対外貿易顧問委員会委員長も務めました。さらに在外フランス人連合(UFE)日本支部長に就任したことが示すように、今日でも日仏交流に積極的に貢献する姿勢に変わりはありません。

最終更新日 29/06/2018

このページのトップへ戻る