第2回ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン・ソムリエコンクール2018 [fr]

 ボルドー&ボルドー・シュペリュールワイン生産者組合主催による第2回ソムリエコンクール予選会が6月27日、在日フランス大使館で開催されました。本コンクールには定員を大幅に上回る参加者がエントリーし、厳正な審査の結果、5人のソムリエが決勝進出を決めました。

予選通過者(50音順、敬称略)

  • 佐々木健太(L’AS)
  • 紫貴あき(Académie du vin)
  • 千々和芳朗(筥崎宮迎賓館)
  • 塚元晃(オーベックファン神戸)
  • 中島一希(アビシウス)

 決勝は7月24日(火)、フランス大使公邸で開催されます。

特別講義と予選会

 本コンクールは、次代を担う日本の若手ソムリエがボルドー&ボルドー・シュペリュールワインをよりよく紹介できるよう、知識を一層深める機会を提供することを目的とします。

 2回目となる今回は、昨年の優勝者である井黒卓氏が、予選に先立って特別講義を行いました。その中で井黒氏は、前回の優勝賞品としてボルドーを研修旅行した際、6月14日に開幕した「ボルドーワイン・フェスティバル」と複数の地元ワイン生産農家を視察し、そこで得た新鮮で具体的な体験談を披露しました。

 さらにテイスティング講座では、実践的なテクニックを個別に指導しました。各参加者は的確で有益なアドバイスをコンクールで生かすことができました。井黒氏は予選会を総評して「参加された皆さんがしっかり準備して臨んでいることを実感しました」と述べ、参加者の回答の質の高さを評価しました。

詳細情報

PDF - 778.1 kb
在日フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランスのプレスリリース
(PDF - 778.1 kb)

最終更新日 05/07/2018

このページのトップへ戻る