フランスの博士課程奨学金プログラム「FIER-DOC」応募受け付け中 [fr]

 フランスの工学系グランド・ゼコール50校が参加するネットワーク「n+i」は、全国研究技術協会(ANRT)、フランス政府留学局(キャンパスフランス)、エンジニアを養成する国立高等工芸学校と連携して、フランスの博士課程への留学を希望する外国人学生を支援する特別プログラム「FIER-DOC(French Innovative Experience in Research)」を提供しています。

Télécharger le flyer FIER-DOC - JPEG 博士課程に必要な費用を求めている外国人学生は、このプログラムを通して、博士課程をフルカバーする奨学金を支給するフランスの提携研究機関や企業に紹介されます。支給額は学費・生活費合計で月額2,000ユーロを上限とします。この奨学金を取得するには、「FIER-DOC」プログラムの審査合格が条件となります。

 フランスの研究機関による事前書類審査に合格した学生は、論文作成を完遂できる十分な知識と適性(自主性、創造性、意欲など)を備えていることを確認するため、フランスで5カ月間の「FIER-DOC」プログラム(講義2カ月、研修3カ月)を受けなければなりません。

 研究機関で3カ月間の研修と口頭審査の後、この研究機関が奨学金支給対象者への採否を決定します。

 FIER-DOCプログラムは論文作成の絶好の準備期間となり得ます。

 2019年2月1日開始の2019年春期を対象としたプログラムへの応募は、2018年8月15日(水)まで受け付けています。

詳細情報・応募

PDF - 838.1 kb
FIER-DOCのパンフレットをダウンロード
(PDF - 838.1 kb)

最終更新日 16/08/2018

このページのトップへ戻る