Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018 [fr]

 3年に1度のダンスの祭典「Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018」が9月30日(日)まで開催中です。ディレクターのドミニク・エルヴュは、フランスで2010年よりリヨン・ダンス・ビエンナーレ芸術監督を務めています。

Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018 ディレクターのドミニク・エルヴュ
Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018 ディレクターのドミニク・エルヴュ
© Fabrice Schiff
Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018
Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018
ダンス初心者の子どもたち対象「18区ダンスワークショップ」
ダンス初心者の子どもたち対象「18区ダンスワークショップ」
© Bozzo

フランスと日本の芸術的なコラボレーションをお楽しみください。

 「Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のインターナショナル・プログラムは、2つの軸に基づいています。1つは、マース・カニングハム、ウィリアム・フォーサイス、アクラム・カーンといった20世紀と21世紀の巨匠へのオマージュ。もう1つは、セシリア・ベンゴレアとフランソワ・シェニョー、マチュラン・ボルズ、ジャンヌ・ガロワ、カデル・アトゥといった、フランスの新世代のクリエーターの紹介です。

 このプログラムは、最高にクリエイティヴな現代サーカスや、コンテンポラリーダンスにおけるストリートダンスの多様な影響、厳密さと変容を示すヒップホップをお見せすることで、舞踊芸術の多様な側面も明らかにするでしょう。今日、創作は大いなる発想の源であるハイブリッド(異種混淆)の芸術としてしばしば現れているのです。

 未来の観客となる子どもたちのことも、忘れてはいません。子どもたちは、詩情に満ちた成長物語を通して、アクラム・カーンの芸術的宇宙に入り込む大きな幸運を得るでしょう。

 このDance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のインターナショナル・プログラムと、私のアーティスティック・ディレクターの仕事のクライマックスは、日本とフランスの協働プロジェクト「トリプルビル」のクリエーションです。私たちの文化交流が意義深いものになるには、日本のダンサーとフランスの振付家との芸術的なコラボレーション・プロジェクトの推進が不可欠だと私には思われました。私はカデル・アトゥとジャンヌ・ガロワに、日本の優れた5人のヒップホップダンサーが踊る新作を、それぞれ横浜で創造することを提案しました。

 このプログラムは、才能に満ちた日本人振付家で、フランスでは初めて紹介されるダンス・カンパニー、東京ゲゲゲイの振付家であるMIKEYの作品と一緒に上演されます。

 Dance Dance Dance @ YOKOHAMA 2018のチーム全員と一緒に仕事ができることを、私はとても光栄に思っています」

ドミニク・エルヴュ
Dance Dance Dance @YOKOHAMA 2018 ディレクター
リヨン・ダンス・ビエンナーレ芸術監督
メゾン・ド・ラ・ダンス(リヨン)ディレクター

開催概要

会期:8月4日(土)~9月30日(日)
会場:横浜市内全域
公式ホームページ

最終更新日 18/09/2018

このページのトップへ戻る