フランス人女性ティフェーヌ・ヴェロンさんが行方不明 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省報道官は8月7日、日本で行方不明になったフランス人女性ティフェーヌ・ヴェロンさんに関する記者の質問に答えました。

記者:日本の日光市に滞在中に行方不明になったフラン人女性、ティフェーヌ・ヴェロンさんを捜し出すため、フランスはどのような対応をとっていますか?

報道官:ヨーロッパ・外務省危機支援センターと在日フランス大使館は、彼女の家族と日々連絡を取りながら、われわれの同国人を捜し出すため、全力を挙げて取り組んでいます。

 われわれは情報提供によって捜索に協力し、捜索作業を注視するとともに、日本の警察とティフェーヌ・ヴェロンさんの家族との連絡役を果たすため、日本当局と常に連絡を取り合っています。フランス大使館の関係部署は、日本の警察が公表した行方不明者に関する情報を伝え、できるだけ広く情報が行き渡るようにしました。さらにソーシャルネットワーキングサービス(SNS)でも、この行方不明について注意を喚起しました。フランス大使館政治部の政務参事官は8月5日、ヴェロンさんが行方不明となった場所に近い日光市を訪問しました。

 ローラン・ピック駐日フランス大使は本日(7日)、宇都宮市を訪問しました。ピック大使は日本の警察関係者と面会し、捜索の強化と加速化、捜索範囲の拡大、必要なすべての手段の動員を申し入れました。

 ピック大使は続いてティフェーヌ・ヴェロンさんの家族と面会し、彼らを今後も支援し、彼らの要望を伝達する意向を伝えました。

最終更新日 09/08/2018

このページのトップへ戻る