国連中央アフリカ多面的統合安定化ミッションに攻撃 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は8月28日、中央アフリカのパヴィカで国連中央アフリカ多面的統合安定化ミッション(MINUSCA)に対して行われた攻撃を非難する声明を発表しました。

 フランスはパヴィカ(バス=コット県)で8月23日に発生した攻撃を非難します。この攻撃で国連中央アフリカ多面的統合安定化ミッション(MINUSCA)のブルンジ人隊員1人が死亡しました。

 われわれは犠牲者の遺族ならびにブルンジの当局と国民に哀悼の意を表します。

 フランスは部隊を派遣している国の積極的関与と、MINUSCAの活動に敬意を表します。さらに中央アフリカ当局の国家再建の取り組みに全面的な支持を重ねて表明します。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る