ニュイ・ブランシュKYOTO 2018 「五感」 [fr]

 パリの大規模な現代アートイベントに想を得た一夜限りの祭典「ニュイ・ブランシュKYOTO」が10月5日(金)、「五感」をテーマに京都市内各所で開催されます。すべての感覚を目覚めさせるアート散策にいざないます。

ニュイ・ブランシュKYOTO 2018、今年のテーマは「五感」
ニュイ・ブランシュKYOTO 2018、今年のテーマは「五感」
© アンスティチュ・フランセ日本
京都芸術センター
京都芸術センター
© RAD
香りを奏でる世界初の香楽器「パフューマリー・オルガン」、アンスティチュ・フランセ関西-京都
香りを奏でる世界初の香楽器「パフューマリー・オルガン」、アンスティチュ・フランセ関西-京都
© TASCO
京都国際マンガミュージアム
京都国際マンガミュージアム
© アンスティチュ・フランセ日本

© NONOTAK
レ・ベニュール
レ・ベニュール
© Yvan Cledat

 
 ニュイ・ブランシュKYOTOは回を追うごとに、国際交流が盛んな現代のクリエイティビティの活力をますます体現していますが、今年は京都・パリ友情盟約締結60周年と日仏交流160周年を記念するイベントでもあります。

 いずれも入場無料の公共・民間の市内40会場で、日仏のアートの活力を視覚、聴覚、嗅覚、その他の感覚を通して表現する夜に、ゆっくりと身を浸すことができます。

 鑑賞者は五感を研ぎ澄まし、狭義でも広義でも新しい香りを増した視覚芸術、舞台芸術、プロジェクションマッピングなど、一連のアートプロジェクトの中から好みのものを選んで、自分の散策コースを巡ります。

 冒険を求める好奇心旺盛な人は、フランスのシャンソン、音響詩、香りで演出される舞台、国境なきダンス、お菓子の彫刻、日本に想を得たフランスの創作、まるで生きているような人形などを通して、夜通しライブで繰り広げられるさまざまな知覚的表現を探索できます。

 記念すべき年のニュイ・ブランシュKYOTOをお楽しみください!

アンスティチュ・フランセ関西
文化プログラム主任
ベアトリス・オルヌ

JPEG

開催概要

パリ白夜祭へのかけ橋-現代アートと過ごす夜

会期 2018年10月5日(金)夕刻より
場所 京都市内各所で開催
入場無料

詳細 ニュイ・ブランシュKYOTO公式ホームページ

最終更新日 18/09/2018

このページのトップへ戻る