ジャマル・カショギ氏の失踪 [fr]

JPEG

 ドイツ、フランス、イギリスの外務大臣は10月14日、サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏の失踪に関する共同声明を発表しました。

 表現の自由および報道の自由の保護ならびにジャーナリストの保護は、ドイツ、イギリス、フランスにとって極めて重要な課題です。

 こうした見地から、近親者が10月2日以来、連絡が取れなくなっているサウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏の失踪事件は、その全容が解明されなければなりません。ドイツ、イギリス、フランスは、とりわけヨーロッパ連合(EU)のフェデリカ・モゲリーニ上級代表と国際連合のアントニオ・グテーレス事務総長をはじめとする一部から表明された深刻な懸念を共有し、この事件を極めて深刻に受け止めています。何が起きたのかについて真相を明らかにし、必要があれば、ジャマル・カショギ氏の失踪の責任者を特定し、釈明を求めるため、信頼できる捜査が必要です。

 われわれはトルコとサウジアラビアに対し、この方向に沿った共同の努力を促すとともに、サウジアラビア政府に対し、完全かつ詳細な回答を示すよう期待します。われわれはこのメッセージをサウジアラビア当局に直接伝えました。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る