R&Dクラブ、次回会合のお知らせ [fr]

 在日フランス大使館が運営するR&Dクラブは、日本に拠点があるフランスの研究機関や日本に進出したフランス企業が、共通関心テーマをめぐって情報や意見を交換する場です。次回会合は11月13日(火)に開催されます。

 R&Dクラブは日本でフランスの官民アクター間の関係を強め、日本の研究・イノベーションのエコシステムに対する理解を深めるとともに、日本でグッドプラクティスをめぐる情報や意見を交換することを目的とします。

 在日フランス大使館はR&Dクラブの会合を年2回開催しています。

 定例会合はランチミーティング形式をとり、フランスまたは日本の機関から招いた外部講師がテーマに沿ったプレゼンテーションを英語で行った後、参加者を交えて議論や意見交換を行います。会合は機会があれば、通常とは別の形式を採用したり、研究所や企業の視察といった別の活動を提案することもあります。

 日本で研究・イノベーション活動を進める、あるいは関心があるフランス企業の方々、在日フランス大使館のR&Dクラブに関心がある日仏共同研究拠点の方々は、配信リストに登録することで、クラブの活動に関する情報や招待を受けることができます。

登録申請メールの送信先:clubrd.tokyo-amba[at]diplomatie.gouv.fr(送信前に[at]を@に置き換えてください)

必要記載事項:氏名、所属組織名、役職名、連絡先(住所、メールアドレス、電話番号)

クラブR&Dの活動歴・予定

  • 次回予告:2018年11月13日(火):文部科学省科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課長補佐の竹之内洋輔氏によるプレゼンテーション「起業家精神醸成とテック系スタートアップ立ち上げ支援プログラムのための産学連携政策」
    プログラムをご希望の方は、上記アドレスまでご請求ください。参加登録は11月2日(金)まで。席数に限りがありますので、ご注意ください。
  • 2018年2月2日:フランス産業財産庁(INPI)のアンヌ=カトリーヌ・ミルロン知的財産地域参事官(日本、韓国、台湾担当)によるプレゼンテーション「知的財産権とイノベーションに関する最新動向とグッドプラクティス事例」
    詳しくは「第2回R&Dクラブ開催報告」をご覧ください。
  • 2017年5月30日:産業技術総合研究所(AIST)情報技術研究部門のレナルド・アフェルト主任研究員によるプレゼンテーション「国立研究開発法人産業技術総合研究所について」
JPEG - 532.2 kb
第2回R&Dクラブ(2018年2月2日)

最終更新日 26/10/2018

このページのトップへ戻る