11月は対仏投資月間、フランスの魅力を世界にアピール [fr]

JPEG - 67.2 kb
フランス経済的魅力発信キャンペーン「対仏投資月間」
世界中でイベント開催、外交官と財界人が接触する絶好の機会、外国投資受け入れの地としてフランスをアピール

 フランス経済外交関係者は11月、世界約40カ国で外国の意思決定者2,500人以上を対象に、フランスの優れた魅力を総力を挙げて発信します。

 フランスの魅力発信に取り組む公的機関が11月1日、約40カ国で2,500人を超える外国の投資家やオピニオンリーダーを対象に対仏投資月間を開始します。フランス大使館やビジネスフランスのネットワークは総力を挙げて対仏投資を誘致し、国際的な投資家や有能な人材を呼び込みます。

キャッチフレーズ「開放的で魅力と競争力のある経済、フランスを選ぼう」

 フランスの魅力は向上しています。カンター・パブリック社がビジネスフランスのために行った最新調査によると、フランスの魅力は顕著に改善しました。ドイツ人投資家から見たフランスの魅力度は前年比5ポイント上昇、アメリカ人投資家からは2ポイント、インド人投資家からは13ポイント、それぞれ上昇しました。

 外国の投資家やオピニオンリーダーは11月を通じて、フランスの新しい魅力を事実や数字による裏付けとともに推し量ることができます。フランスに進出した外国企業の経営者が、イノベーションの重要な原動力を提供する地域エコシステムの中で事業を発展させるため、フランスを選択した理由を語ります。

第4回対仏投資月間、対仏直接投資の90%以上を占める約40カ国を優先的に対象

 フランスの関係者と地域の意思決定者との相互作用を促進し、対仏投資潜在力をめぐり意見交換を行うため、約50のイベントが開催されます。一般的なテーマを扱うイベントと並行して、フィンテックから健康に至るまで、専門的なテーマを個別に扱うイベントも実施されます。これらのイベントは労働市場改革や職業訓練・継続教育改革、企業能力の活性化を目的とするPACTE(企業成長・変革行動計画)法、法人税の表面税率を2022年までに25%に段階的引き下げなど、フランスで実行された改革によって期待される効果について改めて触れる機会にもなります。

PDF - 372.7 kb
50イベントの地域別リスト(フランス語)
(PDF - 372.7 kb)

関連記事

最終更新日 02/11/2018

このページのトップへ戻る