日仏シンポジウム「フランス語から世界へ:フランコフォニー担当フランス大統領個人代表、レイラ・スリマニ氏を囲んで」 [fr]

 フランコフォニー担当大統領個人代表のレイラ・スリマニ氏を囲む日仏シンポジウム「フランス語から世界へ」が11月20日(火)、東京・新宿区の早稲田大学で開催されます。

JPEG - 98.5 kb
レイラ・スリマニ氏
Catherine Hélie © Editions Gallimard

 エマニュエル・マクロン大統領は今年3月20日の国際フランコフォニーの日に、フランス語は文化とアイデンティティーの多様性をもたらすだけでなく、グローバル化した世界で特に職業上の文字通り切り札となる「グローバル言語」であるという考えを明らかにしました。

 早稲田大学国際教養学部は、フランコフォニー担当大統領個人代表のレイラ・スリマニ氏の来日に合わせて、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセとの共催で、「フランス語から世界へ」をテーマとしたシンポジウムを開催します。スリマニ氏は2016年にゴンクール賞を受賞した小説家、ジャーナリストでもあります。

 さまざまな職業分野から4人のパネリストが登壇し、各自の職業生活と私生活の両面にわたるフランス語の役割を語ります。企業と新技術の分野からは、インタラクティブツール「スパークアップ」を提供するフランスのマジェンシー社日本法人の井上太輔COO、市民活動分野からは、難民支援協会の創設者・代表理事の石川えり氏、国際問題と学術の分野からは、元外交官で早稲田大学国際戦略研究所所長の片岡貞治教授、美食とフランス流生活美学の分野からは、ジョエル・ロブションの弟子で、レストラン「スガラボ」のオーナーシェフである須賀洋介氏が参加します。パネリストによる意見交換に続いて、フランス語圏におけるフランス語方言の変異を専門とする東京外国語大学の川口裕司教授が、グローバル言語としてのフランス語の課題について専門家の視点から語ります。

 ローラン・ピック駐日フランス大使が開会のあいさつを行うほか、応用言語学とフランス語研究を専門とする早稲田大学国際教養学部のシルヴァン・ドゥテ教授が司会を務めます。

開催概要

日時 2018年11月20日(火)18:15~20:15(17:55開場)
会場 早稲田大学(早稲田キャンパス3号館301)
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
入場無料 席数に限りがあるのでオンライン登録をお勧めします
日本語・フランス語同時通訳
オンライン登録 アンスティチュ・フランセ東京ホームページ

関連記事

最終更新日 07/11/2018

このページのトップへ戻る