第1次世界大戦休戦記念日、60カ国以上の首脳がパリに [fr]

 2018年は第1次世界大戦100周年ミッションの公認プロジェクトがフランス内外で2,000件を超え、2014年の開戦100周年とともに、第1次世界大戦100周年記念事業開始以来、最大規模の動員となりました。その集大成が1918年11月11日、第1次世界大戦休戦記念日です。

 この機会に120人を超える外国要人がパリに集まり、戦没者を追悼するとともに、1918年の教訓を物差しとして今日の世界を考え、過去100年を振り返りました。第1回パリ平和フォーラムでは、市民社会の代表者とともに、多国間主義の再構築に向けた革新的な解決策を模索し、作り上げます。

2018年11月4日から9日まで:マクロン大統領が各地の戦跡を訪問

 第1次世界大戦中、世界中から来た人がフランス北東部の戦場で戦死しました。エマニュエル・マクロン大統領は5日余りをかけて、グラン=テスト、オー=ド=フランス両地域圏の中でも特に多くの戦争犠牲者を出した11県(バ=ラン県、モーゼル県、ムルト=エ=モーゼル県、ムーズ県、アルデンヌ県、マルヌ県、エーヌ県、ノール県、パ=ド=カレ県、ソンム県、オワーズ県)を訪れました。

JPEG - 92.9 kb
ドゥオモン納骨堂
© Peter Curb

2018年11月11日、外国要人120人以上がパリに

 マクロン大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相は11月10日、休戦協定が署名されたコンピエーニュの森で仏独記念式典に出席しました。翌日、第1次世界大戦参戦国をはじめ、ヨーロッパ諸機関、国際連合、その他の国際機関を代表する外国要人120人以上がパリの凱旋門で行われた式典に参列しました。

 続いてラ・ヴィレット公園内のグランド・アルに移動し、第1回パリ平和フォーラムの開会式に出席しました。本フォーラムは現代世界の緊張の高まりに対応するため、1)グローバルな主要課題をめぐるよりよい国際協力、2)より公正でより公平なグローバル化、3)より効果的な多国間システム、4)強化された正当性などに貢献するプロジェクト、アイデア、イニシアティブを発表、議論する年次会合となることをめざします。

JPEG - 140 kb
凱旋門
© Lary

100周年の節目を迎える2018年、国際的プロジェクトも多数

 2018年、国際的プロジェクト40件以上がヨーロッパ(ドイツ、イギリス、イタリア、ギリシャ、スペイン、ブルガリア、セルビア、アイスランドなど)をはじめ、北中南アメリカ(アメリカ、カナダ、ペルー、メキシコ)、アフリカ(チャド、モーリタニア、チュニジア)、オセアニア(オーストラリア)、アジア(中国、タイ、インド)など、世界27カ国で第1次世界大戦100周年ミッションにより記念事業に認定されました。

 かつては敵同士だった諸国民の和解を祝うため、多くの文化プロジェクトをはじめ、多数の企画が実施されました。一例として、仏独両国の兵士を追悼するため、休戦100周年を機に結成された仏独若者管弦楽団プロジェクがあります。

parispeaceforum.org - JPEG

関連リンク

最終更新日 14/11/2018

このページのトップへ戻る