フランスのエレクトロポップ・デュオLUMI来日公演 [fr]

JPEG

 フランス・バスク地方出身のエレクトロポップ・デュオLUMI(ルミ)が11月30日(金)から12月8日(土)まで、来日公演を開催します。

 ナイア・スベルディアのヴォーカル・エレキギターと、エレクトロミュージックのプロデューサー(マティス、オデイ)としても活躍するマヌ・マティスが駆使する電子機器。フランス南西部のバスク地方で2014年に結成されたデュオLUMIは、歌、エレキギター、エレクトロサウンドの見事なフュージョンでたちまち音楽ファンを魅了しました。緻密に作り込みながら、極めて有機的な新しいサウンドを生み出します。

 電子機器の現代性とバスク語で歌われる歌詞がメインとなり、伴奏となります。LUMIはビアリッツのラ・ガール・デュ・ミディで開催されたドミニク・Aのコンサートや、同じくビアリッツのアタバルで開催されたセバスチャン・テリエのコンサートで前座を務めたほか、パリのレ・トロワ・ボーデや、サン=ジャン・ド・リューズで開催された音楽・現代美術祭「バレアポップ」にも出演しました。

LUMI来日公演2018

最終更新日 16/11/2018

このページのトップへ戻る