日仏交流160周年閉幕レセプション [fr]

 日仏交流160周年閉幕レセプションが12月3日、東京・港区のフランス大使公邸で開催され、日本政府要人をはじめ、大勢の各界著名人が出席しました。

左から、安藤裕康氏、城内実氏、山田賢司氏、ローラン・ピック大使、若宮健嗣氏、海江田万里氏
左から、安藤裕康氏、城内実氏、山田賢司氏、ローラン・ピック大使、若宮健嗣氏、海江田万里氏
© 在日フランス大使館
ローラン・ピック駐日フランス大使
ローラン・ピック駐日フランス大使
© 在日フランス大使館
山田賢司外務大臣政務官
山田賢司外務大臣政務官
© 在日フランス大使館
国際交流基金の安藤裕康理事長
国際交流基金の安藤裕康理事長
© 在日フランス大使館

 
 ローラン・ピック駐日フランス大使主催による日仏交流160周年閉幕レセプションが12月3日、フランス大使公邸で開催されました。ピック大使、山田賢司外務大臣政務官、国際交流基金の安藤裕康理事長があいさつを行い、外交・文化面における日仏関係の力強さをたたえました。

 2018年は実際にハイレベルの相互訪問が相次ぎました。フランスからジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣とフロランス・パルリ軍事大臣、フロランス・ド・リュジ国民議会議長(当時)が来日した一方、日本から安倍晋三総理大臣、河野太郎外務大臣、皇太子殿下がフランスを訪問しました。日本文化を紹介する「ジャポニスム2018」がフランスで開幕するなど、文化分野でも特別なイベントが続きました。

 今後も充実した年が続く見通しで、両国の友好と協力を一段と強化する好機が数多くあります。2019年はフランスがG7議長国を、日本がG20議長国を務めるほか、ラグビーワールドカップが2019年に日本で、2023年にフランスで開催されます。さらにオリンピック・パラリンピック競技大会が2020年に東京で、2024年にパリで開催されます。フランスは2021年、大規模な文化シーズンを日本で開催します。

 今回のレセプションには、衆議院議員の海江田万里氏、城内実氏、竹本直一氏、若宮健嗣氏、中山泰秀氏、伊藤信太郎氏、参議院議員の森まさこ氏に加え、文化界の多くの著名人など、日仏友好関係の鍵となる著名人が大勢招待されました。レセプションでは、日仏のアーティストによるパフォーマンスも披露されました。

最終更新日 04/12/2018

このページのトップへ戻る