滝川クリステル氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 フリーアナウンサーの滝川クリステル氏が12月4日、ローラン・ピック駐日フランス大使により、国家功労勲章シュヴァリエに叙されました。

滝川クリステル氏
滝川クリステル氏
© 在日フランス大使館
ローラン・ピック駐日フランス大使と滝川クリステル氏
ローラン・ピック駐日フランス大使と滝川クリステル氏
© 在日フランス大使館
左から、室伏広治氏、太田雄貴氏、滝川クリステル氏、馳浩衆議院議員、竹田寿々子氏、ローラン・ピック大使
左から、室伏広治氏、太田雄貴氏、滝川クリステル氏、馳浩衆議院議員、竹田寿々子氏、ローラン・ピック大使
© 在日フランス大使館

 
 日本のメディア界を代表するフリーアナウンサー、滝川クリステル氏は人道支援、環境保全、生物多様性保護、動物愛護などの分野で、大義のために積極的に行動することでも知られています。東京都が開催をめざした2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の招致活動でも、2013年に「おもてなし」スピーチで大きな注目を集め、決定的な役割を果たしました。滝川氏は現在、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の顧問を務めています。

 フランスのパリで、フランス人の父と日本人の母の間に生まれた滝川氏は、フランスと日本を結ぶ極めて重要な懸け橋であり、多くの日本人にとって、フランス流のエレガンス、洗練、寛容を体現する存在です。さらに日仏交流150周年の2008年に務めたフランス観光親善大使をはじめ、文化、スポーツ、日本でのフランス観光振興など、多方面で両国の対話と友好に幾度となく貴重な貢献をもたらしました。

 フランスは日仏交流160周年を迎える今年、芸術文化勲章シュヴァリエをすでに受章している滝川氏を、国家功労勲章シュヴァリエに叙することで感謝の意を表することを望みました。叙勲式は12月4日、フランス大使公邸で行われ、政財界、文化界、スポーツ界、メディア界から大勢の著名人が集まる中、勲章がローラン・ピック駐日フランス大使から滝川氏に伝達されました。

最終更新日 05/12/2018

このページのトップへ戻る