ニカラグア、人権擁護団体の法人格剥奪 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は12月13日、ニカラグア国会が複数の人権擁護団体の法人格剥奪を決定したことを非難する声明を発表しました。

 フランスは複数の人権擁護団体の法人格を剥奪するニカラグア国会の決定を非難します。中でもニカラグア人権センターの所長は10月25日に、マナグア公共政策戦略調査研究所の所長は12月10日にそれぞれヨーロッパ・外務省を訪問しました。

 フランスはニカラグアの人権状況の悪化と人権擁護者にかけられた圧力に対し、強い懸念を重ねて表明します。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る