思想の夕べ2019「現在と向き合う:多国間主義の未来とは?」 [fr]

 毎年1月恒例の「思想の夕べ」は、アンスティチュ・フランセ・パリ本部が主導して、世界数十都市で討論会を同時開催するイベントです。日本では2019年1月31日(木)、東京・恵比寿の日仏会館で開催されます。

JPEG

 2019年1月31日(木)に世界中で開催される次回「思想の夕べ」のテーマは、「現在と向き合う」です。2019年はフランスがG7議長国を務める一方、日本がG20議長国を務めます。これは多国間主義の未来をめぐって対話する絶好の機会です。日本で1年を通して開催される一連のG20関係閣僚会合に先立ち、東京で開催される「思想の夕べ」は重要な日仏イベントとなります。

 日仏会館で開催される今回の討論会では、元世界貿易機関(WTO)事務局長のパスカル・ラミー氏、環境副大臣の城内実氏、参議院議員の猪口邦子氏が意見交換を行います。司会は日本経済新聞社上級論説委員の藤井彰夫氏が務めます。

 貿易、環境、紛争解決、人権、ヨーロッパ建設など、現代史は多国間交渉システムの設立とその漸進的深化に特徴づけられます。21世紀の課題は地球規模である一方(地球温暖化、移民、貿易戦争、人権など)、この多国間システムは自国優先主義の誘惑により否定され、失速の兆候を見せているように思われます。多国間主義の限界とは何でしょうか? 21世紀の課題に立ち向かうため、どのようにして多国間主義に新たな息を吹き込めばよいのでしょうか? 今回の日仏討論会では、こうした問題が取り上げられる予定です。

 討論会はアンスティチュ・フランセの特設ホームページ(英語)と、日経チャンネルでライブ配信されます。

 

開催概要

思想の夕べ2019

日時 2019年1月31日(木)18:00~20:00
会場 日仏会館1階ホール
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25
日本語・フランス語同時通訳
入場無料
オンライン登録 アンスティチュ・フランセ東京ホームページ

共催 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、公益財団法人日仏会館
協力 日仏会館・フランス国立日本研究所
協賛 日経チャンネル、全日本空輸株式会社
助成 アンスティチュ・フランセ・パリ本部

PNG GIF GIF JPEG

関連記事

最終更新日 04/03/2019

このページのトップへ戻る