仏米首脳電話会談 [fr]

 エマニュエル・マクロン大統領は1月7日、アメリカのドナルド・トランプ大統領と電話で会談しました。

 両首脳はダーイシュ(「イスラム国」)との戦いが優先課題であり続けるシリア情勢について共に取り上げました。シリア北東部からのアメリカ軍撤収が発表された中で、マクロン大統領はわれわれのすべてのパートナーの安全が確保されるように、国際有志連合の参加諸国間の緊密な連携が重要であることを強調しました。

 仏米両首脳はシリアにおける化学兵器使用に関するレッドラインを遵守させ続ける意思を再確認しました。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る