新仏独協力統合条約に署名 [fr]

JPEG

 エマニュエル・マクロン大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相は1月22日、新仏独協力統合条約に署名します。署名式はドイツ・アーヘン(仏名エクス=ラ=シャペル)市庁舎の戴冠の間で行われます。

 エクス=ラ=シャペル条約は仏独の歴史的和解に大きく貢献した1963年のエリゼ条約の基盤の上に立って、フランスとドイツの間で一段と収れんを進めるという新しい目標をめざすとともに、両国が21世紀に直面する課題に立ち向かう準備をするためのものです。

 エクス=ラ=シャペル条約は、とりわけ経済政策、外交・安全保障政策、教育・文化、研究・技術、気候・環境の各分野において、さらに国境沿いの地方間や市民社会間の協力について、すでに緊密である仏独関係を一層強化することになります。このようにして仏独両国は、より主権を有する、より結束した、より民主的なヨーロッパの一環として、両国市民の安全と繁栄のための共通の取り組みを深化させることをめざします。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る