【公募終了】「エクスプロラシオン・フランス 2020」プログラム [fr]

 在日フランス大使館は毎年、「エクスプロラシオン・フランス」プログラムの公募を実施しています。日本の研究機関に在籍する研究者で、フランス視察ミッションの実施を希望する方を対象に、渡航費の助成を提供するプログラムです。

PNG
 
 本プログラムの応募対象者は、日本の高等教育機関、研究機関、企業の附置研究所に所属する研究者または教員・研究者です。

 「エクスプロラシオン・フランス」プログラムは、日本の学術研究機関または産業研究機関に在籍する研究員・ポスドクを対象とし、各自の専門分野においてフランスで進められている研究に関する知識を深めるとともに、新たな科学協力に着手するため、フランスのキープレーヤーと面会できるようにすることを目的とします。

 対象分野は人文社会科学を含む、すべての科学技術分野です。

 助成対象は日本・フランス間の往復航空券(エコノミークラス)と3日分の滞在費です。

 フランス大使館が提供する助成金はフランス視察を奨励することを目的とし、必要な場合は各自が別の資金源により費用を補うことになります。

「エクスプロラシオン・ジャポン2020」の公募は終了しました。

PDF - 71.1 kb
募集要項(英語)をダウンロード
(PDF - 71.1 kb)
Word - 37.1 kb
応募書類(英語、一部日本語)をダウンロード
(Word - 37.1 kb)

2018年プログラム参加者による体験談

九州大学の浜本貴一教授

藤田医科大学の下野洋平教授 [1]

[1在日フランス大使館と後藤喜代子・ポールブルダリ癌基金協会が渡航費を共同助成。

最終更新日 08/01/2020

このページのトップへ戻る