ギリシャ国会がプレスペス合意を批准 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は1月25日、ギリシャ議会がマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の改名に関するプレスペス合意を批准する法案を可決したことを歓迎する声明を発表しました。

 マケドニア旧ユーゴスラビア共和国の改名に関するプレスペス合意を批准する法案が本日(25日)、ギリシャ議会により可決されたことを歓迎します。

 この極めて重要な政治的段階によって、4半世紀余りにわたる長年の2国間対立に終止符を打つための歴史的合意が近く発効することになります。

 チプラス、ザーエフ両首相をはじめとするギリシャとマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の責任ある地位の人が示した勇気と決意に敬意を表したいと思います。

 プレスペス合意は多くの分野で両国関係の発展を可能にするとともに、西バルカン地域およびヨーロッパ全体の安定を強化します。加えて、フランスの支持とともに、この合意は昨年7月の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で表明された招請に従って、「北マケドニア共和国」のNATO加盟への道を開くとともに、同国のヨーロッパへの歩み寄りにも貢献します。

最終更新日 28/01/2019

このページのトップへ戻る