2018年フランス貿易統計 [fr]

貿易赤字微増:複数分野の輸出増と好調がエネルギー輸入額の大幅増加で相殺

 ジャン=バティスト・ルモワンヌ・ヨーロッパ・外務副大臣は2月7日、フランス関税・間接税総局(財貿易関連)とフランス銀行(サービス貿易関連)による2018年のフランス貿易統計を発表しました。

 「2018年の数字は有望だと思います。フランスの輸出額は引き続き増加しています。輸出企業数は2003年以降で最高水準です。エネルギー輸入額を除けば、貿易赤字は12%以上解消されています」とルモワンヌ副大臣は述べました。

 フランスの財貿易収支は前年の578億ユーロの赤字から599億ユーロへとわずかに悪化した一方、サービス貿易収支の黒字は前年の264億ユーロから280億ユーロへと堅調に伸びています。フランス国外の資金調達ニーズを測る経常収支は、フランス銀行の最新評価によると、2018年の対GDP比がマイナス0.7%と均衡点に比較的近いレベルにあります。

 2018年の貿易赤字は、エネルギーを除くと、前年の326億ユーロから286億ユーロへと著しく減少しました。とりわけ自動車分野(前年比7.9%増の355億ユーロ)、化学製品、香水、化粧品分野(同比3.1%増の583億ユーロ)、農産品・農産加工品分野(同比2%増の624億ユーロ)の輸出好調のおかげです。船舶分野と同様に、航空機分野もエアバスが過去最高の800機を納入するなど、輸出が堅調(同比2.7%の572億ユーロ)。高級品関連産業も輸出額が前年比6.3%増の513億ユーロを記録し、フランスの輸出を支え続けています。

 輸出企業数は2018年、12万5,000社を突破し、2003年以降で最高を記録しました。

 ルモワンヌ副大臣は「首相がルーベでフランス企業の国際事業展開に対する支援を発表してから1年、チーム・フランスを中心に総力を挙げた取り組みは、輸出潜在力を秘めた新たな企業の特定につながるでしょう」と述べました。

 エネルギー輸入額は増加し(460億ユーロ)、貿易赤字全体の3分の2近くを占め、貿易収支に重くのしかかっています。エネルギー輸入額は数年間にわたって減少傾向が続きましたが、2017年(前年比24%増)と2018年(同比17%増)に大幅増加に転じました。原油価格の著しい上昇(ブレント原油の平均価格がユーロ換算で2016年から2017年にかけて21%上昇、2017年から2018年にかけて24%上昇)と、輸入量の増加が原因です。エネルギーを除くと、輸入額の伸びは減速しました(前年比2.4%増、2017年は同比5%増)。主に航空機分野(前年比5.8%減の302億ユーロ)、農業分野(同比2.7%減の141億ユーロ)、製薬分野(同比1.1%減の260億ユーロ)の輸入減少のためです。

 全体としては輸出好調のおかげで、経済成長に対する貿易の寄与度は2018年、2年連続のプラスとなりました(0.6ポイント、2017年は0.1ポイント)。

 「活力があります。貿易が2017年以上に経済成長に顕著に寄与しています。2011-12年以降、初めてフランスの成長に対する貿易の寄与度が2年連続でプラスを記録しました」とルモワンヌ副大臣は説明しました。

 サービス貿易収支の黒字は2018年も増加傾向が続きました(280億ユーロ)。大幅な貿易黒字を常に計上する観光分野(総貿易額は前年を33億ユーロ上回る過去最高の570億ユーロ、165億ユーロの黒字)と、企業向けサービスの収支改善(130億ユーロの黒字)のおかげです。

 フランスは近年、労働コスト削減措置によって競争力が明らかに向上しました。フランスのコスト競争力は2013年末以降、その他の経済開発協力機構(OECD)加盟国に比べて4%以上改善しました。

 世界貿易に占めるフランスのシェアは2012年以降、財貿易で3.1%、サービス貿易で3.5%と全体的に安定しています。

 フランス政府は輸出力を強化するとともに、フランス経済の国際化を支援するため、エドゥアール・フィリップ首相が2018年2月23日にルーベで発表した改革戦略を続行します。企業競争力およびフランス経済の強化と並行して、ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣とルモワンヌ副大臣が推進した企業国際化支援体制の改革が、最初の有望な成果をもたらしました。輸出支援に関しては、すでに11地域圏が新支援体制「チーム・フランス・エクスポート」に参加しています。より多くの中小・中堅企業の国際化を準備段階から支援するため、ビジネスフランスと商工会議所を中心にすべての官民アクターを地域圏ごとに集めて単一窓口とすることが狙いです。これは企業にとってわかりやすいオールインワンの新しい統合型支援体制で、外国ではビジネスフランスまたは審査を経て選出された民間アクターが単一出先機関として対応します。国のすべての在外ネットワークが大使の管轄下で、この改革の推進に取り組んでいます。

 成長が期待される中小・中堅企業で、各地域圏のビジネスフランス・チームのフォローアップを受けて、輸出行動プランに着手した企業数は2018年、18%増加しました。ビジネスフランスはこの活力を継続させるため、チーム・フランス・エクスポートのアクターが輸出へと至る全行程で企業をフォローアップし、企業のニーズにできるだけ則したサービスを提供できるように、新しい共通のデジタルツールを数カ月以内に導入します。企業国際化支援体制の強化の一環として、数週間以内に始まる戦略的プロジェクト保証など、輸出支援の新しい財政手段も導入されます。中小企業1,341社(17%増)が2018年、国際化の歩みを支援する調査保険を活用しました。昨年5月に刷新されたこの保険は、フランス公的投資銀行の輸出保険会社が運営しています。

画像をクリックして2018年フランス貿易統計(フランス語)をダウンロード - JPEG

PDF - 8.8 Mb
2018年フランス統計貿易(フランス語)
(PDF - 8.8 Mb)

最終更新日 14/02/2019

このページのトップへ戻る