インドでテロ襲撃 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は2月14日、インドで発生したテロ襲撃を非難する声明を発表しました。

 私はインドを襲った卑劣な襲撃を最も強い表現で断固非難します。殉職した兵士のご遺族に対する哀悼の意とともに、インドの政府と国民に対する強い連帯の意を表します。

 フランスはテロとの闘いにおいて、これまであらゆる面で常にインドの側に立ってきました。今後も同国の側に立ち続けます。私は各国に対し、テロリスト・ネットワークおよびその資金供給ルートと効果的に闘うとともに、今般の襲撃の犯行声明を出したジェイシュ・ムハンマドのようなテロ組織の国境を超えた活動を阻止するよう呼びかけます。

最終更新日 15/02/2019

このページのトップへ戻る