テロ犠牲者国民追悼日 [fr]

 フランス大統領府は2月15日、エマニュエル・マクロン大統領が決定したテロ犠牲者国民追悼日の制定に関する声明を発表しました。

 フランス共和国大統領はテロ犠牲者国民追悼日の制定を決定しました。この追悼式典は毎年3月11日に行われ、政令によって制定されます。

 今般の決定は極めて多くの被害者と、その支援団体および代表団体から表明された要望に応えるものです。フランス共和国大統領は9月19日、フランス・テロ被害者協会(AfVT)と全国テロ・集団事故被害者連盟(FENVAC)により開催されたテロ犠牲者追悼式典で、このことを約束しました。

 フランスにおけるテロ犠牲者と外国で発生したテロのフランス人犠牲者の国民追悼式典は、象徴的に、ヨーロッパのテロ犠牲者の日と同日に行われます。そうすることによりテロに対してヨーロッパ連合加盟国を結束させる運命共同体に応えます。

 第1回式典は2020年3月11日、被害者団体および被害者支援団体と緊密に協議しながら開催されます。

最終更新日 18/02/2019

このページのトップへ戻る