国際女性デー記念トークイベント「Women Speak Up!」 [fr]

 国際女性デーを記念して、差別と闘う女性たちのトークイベント「Women Speak Up!」が3月7日(木)、アンスティチュ・フランセ東京で開催されます。

JPEG

 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は3月7日(木)、NGO「ヒューマンライツ・ナウ」と共催でトークイベント「Women Speak Up!」を開催します。女子学生が通う大学を性的に順位付けした記事が掲載された問題や、女子受験生を一律に減点した医大の不正入試問題など、数多くの事案が日本でジェンダー問題が過小評価されていることを示しています。そうした風潮の中で、果敢に声を上げる女性たちがいます。

 ローラン・ピック駐日フランス大使の開会のあいさつに続いて、パネリストを迎えてトークイベントが開始します。イベントの最後に会場との意見交換が行われます。性差別的な女子大学生ランキングに対して立ち上がった女子大学生の辻岡涼さんと高橋亜咲さん、街頭運動「私は黙らない」を主宰する福田和香子さん、医学部入試における女性差別対策弁護団共同代表を務める弁護士の打越さく良さんが、自身の体験や差別との闘いに乗り出した理由を語り合います。閉会後に交流会も開かれます。

 3月8日の国際女性デーは、世界中で女性の権利と男女平等を促進することを目的とします。今回のトークイベントは、依然として性差別が多く残る中、日本で不平等を告発する女性たちを応援することを趣旨とします。

パネリスト

JPEG高橋亜咲 大学4年生
Voice Up Japan副代表。雑誌SPAが12月25日号で特集した女性差別的な女子大生ランキングに抗議の署名活動を展開。短期間に2万6,000筆以上の署名を集め、SPA編集部と対話を行う。中心を担った大学生たちで、声を上げやすい社会をめざして、Voice Up Japanを立ち上げた。
JPEG辻岡涼 大学4年生
Voice Up Japan副代表。雑誌SPAが12月25日号で特集した女性差別的な女子大生ランキングに抗議の署名活動を展開。短期間に2万6,000筆以上の署名を集め、SPA編集部と対話を行う。中心を担った大学生たちで、声を上げやすい社会をめざして、Voice Up Japanを立ち上げた。
JPEG福田和香子 ライター、アクティビスト
元SEALDsメンバー。昨年にはセクハラや性犯罪に反対する街宣「私は黙らない」やフェミニズムzineを作るイベントを行った。
JPEG打越さく良 弁護士
2000年弁護士登録。DV被害者、虐待を受けた子ども、ヘイトスピーチ被害者の事件等に取り組む。第1次、第2次夫婦別姓訴訟の弁護団にコミットする等選択的夫婦別姓の実現をめざす。医学部入試における女性差別対策弁護団共同代表。

開催概要

日時 2019年3月7日(木)18:30~20:45(18:00開場)、交流会(ワンドリンク付き)は21:30まで
場所 アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ(〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15)
参加費 1,000円(トークイベント+ワンドリンク)当日支払い
要事前申し込み 電子メールの件名を「3/7世界女性デーイベント参加希望」とし、氏名、所属先(任意)、連絡先、どこで本イベントを知ったかを明記の上、ヒューマンライツ・ナウのイベント受け付け担当 event[at]hrn.or.jp まで送信してください。
※このイベントは満席となっています。
 
共催 ヒューマンライツ・ナウ、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

最終更新日 08/03/2019

このページのトップへ戻る