G7議長国フランス [fr]

 G7(主要7カ国)はフランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダが集まるグループです。

 フランスは2019年、「不平等との闘い」を中心テーマに据えたG7議長国を務めます。フランスは複数の関係閣僚会合とG7首脳会議(サミット)を開催します。後者では主要7カ国の首脳が2019年8月24日から26日まで、ビアリッツで一堂に会します。

G7フランス-ビアリッツ2019 - JPEG

G7議長国フランス公式ホームページ(英語)

 G7は発足時の中心議題だった経済問題に加えて、今ではグローバルな主要課題に対する共通の解決策について協議する場となっています。例えば平和と安全保障、テロ対策、開発、教育、健康、環境、気候変動などです。

不平等と闘うための5つの目標

 フランスは2019年、G7議長国を務めるに当たって、不平等を削減し、出生地や居住地、性別にかかわらず、だれもが人生において同じ機会を得られるようにするとともに、グローバルな安定と平和を確保するため、複数の目標と優先課題を設定しました。

  • とりわけジェンダー平等と、教育および質の高い保健サービスへのアクセスを推進しながら、運命の不平等と闘うこと
  • 気候変動対策のための資金調達と、生物多様性や海洋の保全を中心とした公正な環境移行のための資金調達によって、われわれの地球を守りながら、環境の不平等を削減すること
  • より公正でより公平な貿易政策、租税政策、開発政策を推進すること
  • 平和のために行動すること、われわれの社会基盤を揺るがす安全保障上の脅威とテロに対して行動すること
  • デジタルや人工知能によりもたらされた好機を倫理的かつ人間を中心として活用すること

刷新された枠組み

 今回のG7は主要7カ国政府の会合であるだけでなく、われわれの価値観を共有し、共に前進するために行動を起こす用意があるすべての国とより幅広く話し合う機会です。

 例えば、G7以外の国が首脳会議や関係閣僚会合に加えて、1年を通じて準備会合の議論や協議に参加するよう招待されます。なかでもアフリカの一部諸国は特別な位置づけとなります。というのも開発課題のみならず、未来の平等を築くための好機に恵まれた特に重要なパートナーだからです。

 G7議長国フランスは国際機関と手を携えて努力することを重視し、国際機関間の相乗効果およびG7と国際機関との相乗効果を強化するよう努めます。

 市民社会はとりわけ各エンゲージメント・グループの取り組みを通してG7と緊密に連携します。例えば若者(Youth 7)、女性(Women 7)、非政府組織(C7)、労働組合(Labour 7)、経営者(Business 7)、研究センター(Think tanks 7)、科学アカデミー(Science 7)があります。

対話の1年

 関係閣僚会合が2019年を通して開催され、8月末のG7ビアリッツ・サミットに向けて準備を進めます。

  • 4月4日(木)~5日(金):内務大臣会合
  • 4月5日(金)~6日(土):外務大臣会合
  • 5月5日(日)~6日(月):環境大臣会合
  • 5月9日(木)~10日(金):ジェンダー平等大臣会合
  • 5月16日(木)~17日(金):保健大臣会合
  • 6月6日(木)~7日(金):「G7社会」雇用大臣会合
  • 7月4日(木)~5日(金):開発・教育大臣会合
  • 7月17日(水)~18日(木):財務大臣会合

最終更新日 08/05/2019

このページのトップへ戻る