エジプトでマフムード・アブ・ゼイド氏が釈放 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は3月4日、報道写真家の「シャウカン」ことマフムード・アブ・ゼイド氏の釈放を歓迎する声明を発表しました。

 フランスは2013年に拘束され、2018年9月に服役を終えた報道写真家の「シャウカン」ことマフムード・アブ・ゼイド氏が、エジプト当局により釈放されたことを歓迎します。

 フランスは世界中で報道の自由と、ジャーナリストおよびその表現が公開討論に貢献するすべての人の安全の確保を重視します。これはわれわれの外交政策の優先課題であり、人権問題をめぐるエジプトとの対話の柱の一つです。

最終更新日 05/03/2019

このページのトップへ戻る