ピック駐日フランス大使より東北へ友情と連帯のメッセージ [fr]

 東日本大震災から8年目を迎えるにあたって、フランスとフランス国民を代表し、日本の皆さまに友情と連帯のメッセージを送ります。

 私は2011年に近親者を亡くされた方々のことを思うとともに、普通の生活を取り戻すため、東北地方を復興させるために今も尽力されている避難者の方々や住民の方々に思いを馳せています。この悲劇はフランス国民に大きな衝撃を与え、被災された住民を支援しようと具体的な行動を起こしたフランス人も大勢いました。フランスは今日、東北地方ならびに住民の皆さまに一層の連帯を表明します。

ローラン・ピック駐日フランス大使

最終更新日 18/03/2019

このページのトップへ戻る