エチオピア航空ET302便墜落事故、犠牲者遺族会合 [fr]

 ジャン=バティスト・ルモワンヌ・ヨーロッパ・外務副大臣は3月13日、パリのヨーロッパ・外務省で、エチオピア航空ET302便墜落事故の犠牲者の遺族および近親者と面会し、この試練におけるフランス当局の支援を約束しました。

 ヨーロッパ・外務省危機支援センターと被害者支援各省間委員会は、今般の航空災害の被害者をフォローアップするため、エドゥアール・フィリップ首相により任命された調整官2人の同席のもと、遺族との会合を開きました。

 この会合はとりわけ遺族にとって、司法省やパリ検事局の代表者、フランスの調査官、被害者団体・被害者支援団体に、あらゆる質問をする機会となりました。

 在仏エチオピア連邦民主共和国大使館とエチオピア航空の代表者も出席しました。

最終更新日 14/03/2019

このページのトップへ戻る