春、環境を考えよう! [fr]

 環境をテーマとする映画上映会と日仏討論会が4月3日(水)、5日(金)、6日(土)、東京、京都、福岡で開催されます。

 気候変動対策を訴える大規模なデモ行進が3月16日にフランスで行われるなど、世界中で若者が環境のために立ち上がるなか、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は4月初め、東京、京都、福岡で、ドキュメンタリー映画『できる セ・ポシブル!』の上映会と討論会を開催します。今回初めて日本で上映されるこのドキュメンタリーは、フランスの2人の若手マティルド・ジュリアンとジョナタン・カレーヌが日本各地を訪ねながら、変革に取り組む日本人を取材した作品です。

 ジュリアン、カレーヌ両氏が討論会に出席し、フランスの共生経済学の理論家であるイザベル・ドラノワ氏や、若者に多くの示唆を与えている日本人パネリストと意見を交わします。4月3日(日)に東京で行われる討論会には、パーマカルチャーを実践するソーヤ海氏と大村淳氏が参加します。5日(金)の京都の討論会には、一般社団法人ワールドシフト・ネットワーク・ジャパンの谷崎テトラ代表理事、田舎暮らしを選択した小野晴美氏が登壇、6日(土)の福岡の討論会では、社会起業家のプラットフォームを手がけるボーダレス・ジャパンの田口一成社長、循環生活研究所のたいら由以子理事長が日本人パネリストとして参加します。

 このドキュメンタリー上映会と討論会は、具体的な事例を通して、より持続可能でより連帯した新しい形態の生活、集団組織、生産を紹介し、それが「できる」ことを示すことが目的です。

 加えて、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は4月2日、東京・千代田区の永田町グリッドで、ソーシャル・イノベーション・ジャパンとの共催、ジャパンイノベーションネットワークの協賛により、共生経済をめぐるイザベル・ドラノワ氏の講演会「持続可能な未来を築く」を開催します。農業工学を専攻したドラノワ氏は、50年間にわたる環境分野のイノベーションを調査、これを理論化し、自著にまとめました。

 この春に開催されるこれら一連の環境イベントに、大勢の皆さまがお越しくださるよう願っています。

アンスティチュ・フランセ日本
書籍・グローバル討論会部門担当官
サラ・ヴァンディ

JPEG

開催概要

イザベル・ドラノワ氏講演会「持続可能な未来を築く」

日時 2019年4月2日(火)18:30~21:00
会場 永田町グリッド(〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3 永田町グリッド)
言語 英語のみ
チケット ピーティックスホームページ

映画『できる セ・ポシブル!』上映会と日仏討論会

日付 2019年4月3日(水)、5日(金)、6日(土)
会場 東京、京都、福岡
言語 フランス語、日本語(映画は日仏字幕付、討論会は日仏同時通訳付)
入場無料。座席数に限りがありますので、下記リンクより事前にお申し込みください。

問い合わせ先 dg.debat.contac[at]institutfrancais.jp

協力 ヴェオリア・ジャパン株式会社、フランス環境連帯移行省、国庫総局、Japan Youth Platform for Sustainability、九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センター、国連開発計画駐日代表事務所、福岡市、九州フランス・パートナーズクラブ、デザイン・フォー・ジャパン

討論会「市民と企業、私たちの選択が未来を変える」動画配信

 昨年11月13日にアンスティチュ・フランセ東京で開催された日仏討論会「市民と企業、私たちの選択が未来を変える」の動画(完全収録版)を、共催者の毎日メディアカフェの協力により、日仏2カ国語で無料配信します。

最終更新日 15/04/2019

このページのトップへ戻る