カリフォルニア州が死刑執行モラトリアム導入を発表 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は3月15日、アメリカ・カリフォルニア州の死刑執行モラトリアム導入を歓迎する声明を発表しました。

 フランスはカリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が3月14日、アメリカで死刑囚が最も集中する同州に死刑執行モラトリアム(一時停止)を導入すると発表したことを歓迎します。

 フランスはこの重要な一歩に満足の意を表するとともに、カリフォルニア州に最終的な死刑廃止に向けた作業を続行するよう呼びかけます。

 フランスはすべての死刑存置国に対し、不当かつ非人道的で尊厳を傷つけるこの刑罰の最終的な廃止に向けてモラトリアムを導入するよう呼びかけます。

最終更新日 18/03/2019

このページのトップへ戻る