オランダ・ユトレヒトのテロ事件に関するル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣の声明 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は3月18日、オランダのユトレヒトでテロ事件が発生したことを受けて声明を発表しました。

 私はユトレヒトで発生したテロの一報を受け、強い衝撃と深い悲しみを覚えました。この卑劣な行為を最も強い表現で非難します。このような暴力行為は容認できません。

 われわれの最も緊密なパートナーの1国であるオランダに対し、この苦悩のときにおけるフランスの連帯の意と、手を携えてあらゆる形態の狂信と闘う揺るぎない決意、自由と寛容を推進し続ける共通の意思を表明します。

 われわれは何よりもまず、犠牲者とその近親者の方々に思いを寄せます。私はウィレム=アレクサンダー国王陛下、オランダの政府と国民に衷心より哀悼の意を表します。

最終更新日 19/03/2019

このページのトップへ戻る