イランの水害に対する緊急人道支援を強化 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は4月12日、イランの水害に対する緊急人道支援を強化する決定に関する声明を発表しました。

 イランの水害が現地住民に甚大な被害を与え続ける中、フランスは緊急人道支援を強化することを決定しました。

 テヘランに昨日(11日)到着した人道支援物資第1便の輸送後、追加支援物資が本日(12日)、ヨーロッパ・外務省危機支援センター(CDCS)がチャーターした特別便で出発しました。フランスが送った緊急支援物資は、家族用テント、エンジンポンプ、毛布、調理器具セットを含む合計26トンです。

 CDCSはヨーロッパ連合(EU)市民保護メカニズムの枠内でフランスの対応を調整しています。テヘランにある在フランス・イラン大使館は地元当局と連絡を取りながら、フランスの人道支援物資を受け取る準備を進めています。支援物資はイラン赤十字社に引き渡されます。

 フランスは改めてイラン国民に心から連帯の意を表するとともに、犠牲者のご家族と近親者の方々に哀悼の意を表します。

最終更新日 15/04/2019

このページのトップへ戻る