北朝鮮が弾道ミサイル発射 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は5月10日、北朝鮮が9日に実施した弾道ミサイル発射を非難する声明を発表しました。

 北朝鮮は5月4日の発射後、5月9日に新たな弾道ミサイル発射を実施しました。

 フランスは地域と国際の安全と安定を侵害するこれらの発射を非難します。フランスは北朝鮮に対し、いかなる挑発行為も、いかなる弾道技術を用いたミサイルの発射も自制するとともに、弾道ミサイル計画に関連するすべての活動を停止するよう同国に要求する国連安全保障理事会諸決議に従うよう呼びかけます。

 フランスは北朝鮮に対し、非核化に関するアメリカとの対話を可及的速やかに再開するとともに、大量破壊兵器計画およびすべての射程の弾道ミサイル計画ならびに関連計画の完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄プロセスに速やかに着手するよう呼びかけます。それが地域の恒久的平和に必要な条件です。

最終更新日 13/05/2019

このページのトップへ戻る