第7回「哲学の夕べ」-アニマリティ/動物 [fr]

 第7回「哲学の夕べ」が5月25日(土)、アンスティチュ・フランセ東京で開催されます。今回は哲学シーンの表舞台に登場した動物問題がテーマです。

JPEG

 哲学者エリザベート・ド・フォントネは20年前に執筆した『動物たちの沈黙』で、哲学の門戸を動物問題に開くとともに、私たちと動物との関係をめぐる新しい考察の道を切り開きました。動物は常に私たちが人間を定義することに役立ってきました。例えば、人間は言語能力に恵まれた動物である、考える動物である、社会的動物である、笑う動物であるといった具合です。しかし科学の進歩によって、こうした違いは消え去り、人間も徐々に動物界に含まれるようになりました。

 私たちが動物の搾取や大量屠殺で生き続けるという背景の中で、動物問題が今日、政治問題や環境問題になる一方、私たちと人を取り巻く生物との関係を考えることは喫緊の課題です。歴史を通してずっと、あらゆる意味で伴侶として、私たちを形成し、私たちを養ってきた動物と、私たちはこの産業的な関係性の中で生き続けることができるのでしょうか?

 こうした問題を取り上げるため、動物問題と政治生態学を専門とする哲学者コリーヌ・ペリュション、人類の歴史を通して「人間の最良の友」である動物を描いた『犬たち』の著者マルク・アリザールの両氏を迎えます。加えて、ハイデガーの動物界に対する概念を見つめ直す串田純一氏、同氏のテーゼをめぐり対談する千葉雅也氏を迎えます。さらにワークショップ、金川晋吾氏による写真展、ジル・スタサール氏による音楽と美食のパフォーマンスが、違う角度から動物問題に光を当てます。

 哲学の夕べは、アンスティチュ・フランセ東京のさまざまな空間で行われる講演会、展覧会、パフォーマンスを通して、来場者に哲学に対する動物の視点を提示します。

開催概要

日時 2019年5月25日(土)11:00~22:00
会場 アンスティチュ・フランセ東京(〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15)
入場無料
プログラム詳細 アンスティチュ・フランセ東京公式ホームページ

最終更新日 16/05/2019

このページのトップへ戻る