G7ジェンダー平等担当大臣会合の開催結果 [fr]

 G7ジェンダー平等担当大臣会合が5月9日と10日、ボンディ(パリ北東郊)とパリで開催されました。マルレーヌ・シアッパ女男平等・差別対策担当大臣が議長を務めました。

 G7メンバー国はジェンダー平等をグローバルな大義にするという共通の課題を中心として一堂に会しました。シアッパ大臣は会合で改めて次のように述べました。

「ジェンダー平等を達成した国は世界にひとつもなく、単独で達成できる国もありません。エマニュエル・マクロン大統領が2018年9月、国連総会でジェンダー平等をグローバルな大義にする呼びかけを行った理由もそこにあります」
公式写真
公式写真
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
作業セッション
作業セッション
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly

 
 今回のフェミニスト外交の会合では、各国大臣がジェンダー平等に関する3つの優先課題をめぐり意見交換を行いました。

  1. 性差別による暴力および性暴力との闘い
  2. とりわけアフリカにおける女性の経済的解放
  3. 女子の教育へのアクセス

 今回の関係閣僚会合では、女性の起業家精神が数回にわたりクローズアップされました。

  • シアッパ大臣とフランス開発庁(AFD)のレミ・リウー長官は5月9日、AFDデジタル・チャレンジ「アフリカの女性のためのイノベーション」賞を受賞者5人に授与しました。この賞はデジタル・イノベーションをアフリカ大陸全体で女性の包摂に活用したスタートアップ企業を顕彰するものです。
  • G7各国大臣は5月10日にボンディを訪問し、開発研究所(IRD)を視察したほか、フランスと南側諸国で社会的・環境的影響が大きい革新的プロジェクトを支援するインキュベーター「ボンディノヴ」の発表会に出席しました。
  • 世界銀行とヨーロッパ評議会も出席したG7ワーキング・ランチは、起業家精神に焦点を当てました。
記者会見
記者会見
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
作業セッション
作業セッション
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
作業セッション
作業セッション
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
作業セッション
作業セッション
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly

 
 今回の関係閣僚会合では、性差別による暴力と性暴力、なかでもサイバーハラスメント問題について検討しました。次第に増大するこの現象に対し、各国はまだ効果的な解決策を実行できていません。各国大臣がソーシャルプラットフォームに、違法コンテンツの早期削除とシンプルで直感的に把握できる警告メカニズムの導入を強く求めている理由もそこにあります。

 G7各国大臣はジェンダー平等諮問委員会のメンバーとも意見交換を行いました。メンバーの中からエマ・ワトソン、カーチャ・アイヴァーソン、プムズィレ・ムランボなど、複数の著名人がG7各国に、ジェンダー平等に向けた法整備を求める提言を考慮に入れるよう促しました。諮問委員会のメンバーは1月以降、ビアリッツ・パートナーシップの一環として、この提言について検討しています。

諮問委員会との会合
諮問委員会との会合
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
諮問委員会との会合
諮問委員会との会合
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
諮問委員会との会合
諮問委員会との会合
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly
諮問委員会との会合
諮問委員会との会合
© Ministères sociaux / DICOM / Lewis Joly

 
 G7各国大臣は2日間にわたる討議後、ジェンダー平等をグローバルな大義とする共同声明に署名しました。各国はとりわけ8月のG7サミットで、少なくとも諮問委員会メンバーにより発表された世界中で最も女性に有利な法律をまとめたビアリッツ・パートナーシップ法を採択することを約束しました。

最終更新日 21/06/2019

このページのトップへ戻る