映画上映会「ホープ」と難民をめぐる対談 [fr]

 世界難民の日にちなんだイベントが6月20日(木)、アンスティチュ・フランセ東京で開催されます。映画と対談を通して難民と出会うことで、難民に対する画一的なイメージを払拭できるまたとない機会です。

JPEG

 日本では、難民問題は自分たちとは関係ないと思うかもしれません。確かに日本の難民認定者数は年間約20人にとどまりますが、日本にも難民がいることを忘れてはなりません。政治難民のほかにも、極貧状況、気候変動、一部の島しょを徐々に水没させる海面上昇から逃れてくる人たちもいます。こうした気候難民も早晩、増えてくるでしょう。

 6月20日は世界難民の日です。この機会に在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は、映画と対談を通して難民と出会い、難民に対する画一的なイメージを超えるよう提案します。

 ボリス・ロシュキヌ監督の映画『ホープ』(フランス語、英語字幕付)は、カメルーン人のレオナールとナイジェリア人のホープがヨーロッパにたどり着けるという希望を胸に砂漠を横断する姿を追った作品です。上映会に続いて、難民支援協会(JAR)の石川えり代表理事と、難民支援団体Runway for Hope創立者のセナ・ヴァファ氏を迎えて対談を行います。同氏はカナダ在住の元イラン難民で、日本に留学した経験もあります。司会進行役はヒューマンライツ・ナウの申惠丰理事長が務めます。

 この問題に対するフランスの積極的関与を示すため、在日フランス大使館のニコラ・ベルジュレ政務参事官が開会のあいさつを行います。難民にとっては危険の多い道ですが、それでも希望が前へ進む原動力となっています。難民が遭遇する試練のみならず、連帯や希望についても話し合うため、大勢の皆さまのご来場をお待ちしています。

アンスティチュ・フランセ日本
書籍・グローバル討論部門担当官
サラ・ヴァンディ

開催概要

日時 2019年6月20日(木)18:00~21:00(17:30開場)
会場 アンスティチュ・フランセ東京エスパス・イマージュ(〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15)
入場無料
言語 映画は英語(日本語字幕なし)、対談は日本語
お問い合わせ dg.debat.contact[at]institutfrancais.jp
詳細  アンスティチュ・フランセ東京公式ホームページ.

協力 認定NPO法人難民支援協会、認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ、Runway for Hope GIF JPEG JPEG

最終更新日 21/06/2019

このページのトップへ戻る