パリ大学区総長が日本を公式訪問 [fr]

 パリ大学区総長兼事務局長・イール=ド=フランス地域圏大学区総長のジル・ペクー氏が5月25日から29日まで、大規模な代表団を率いて東京都を公式訪問しました。

パリ大学区と東京都教育委員会が教育に関する覚書を締結
パリ大学区と東京都教育委員会が教育に関する覚書を締結
© パリ学区
パリのジャン・ド・ラ・フォンテーヌ高校と東京都立白鴎高校が姉妹校提携を締結
パリのジャン・ド・ラ・フォンテーヌ高校と東京都立白鴎高校が姉妹校提携を締結
© 在日フランス大使館

 
 今回の訪問の目的は、教育・スポーツ分野の協力を通して日仏関係を強化することでした。その一環として、パリ大学区と東京都教育委員会との教育に関する覚書締結式が、ローラン・ピック駐日フランス大使の出席のもとで行われました。これは東京都教育委員会がヨーロッパの国の教育委員会などと締結した最初の教育に関する覚書です。この機会に、パリのジャン・ド・ラ・フォンテーヌ高校と東京都立白鴎高校との間で姉妹校提携も締結されました。

 今回の訪問では、パリ大学区総長官房副長のバティスト・レオン氏、パリ大学区芸術文化教育代表・2024年パリ五輪担当のローラン・プジュー氏、パリ大学区ヨーロッパ関係・国際関係・協力代表のラザール・ポペール氏、パリ大学区国民教育視学官のエマニュエル・ピエヴィック氏、ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ高校校長のマリアンヌ・ドディネ氏、パリのポール・ポワレ高校校長のファビエンヌ・カスタニェ氏が、フランス代表団のメンバーとしてペクー総長に同行しました。

最終更新日 10/06/2019

このページのトップへ戻る