G7外務大臣会合:不平等との闘い、脅威の削減、民主主義の強化 [fr]

JPEG

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は4月5日と6日、フランス北西部のディナールとサン=マロでG7各国の外務大臣を迎えました。

 G7各国外相は世界レベルの不平等対策の中心的課題を扱いました。

  • 特にテロリズム不正取引をはじめとする国際安全保障上の課題に加えて、社会を脆弱化し、最も脆弱な人々を真っ先に襲う大規模な地域危機に対する共通の解決策。
JPEG - 137.7 kb
© Martin Loper / MEAE
  • とりわけデジタル革命の影響や外部からの介入の試みに起因した新しい脅威に直面する民主主義の強化。サイバー空間における責任ある国家の行動のための2018年11月の「パリ・コール」の約束が取り上げられました。
JPEG - 134.6 kb
© D.R 2

 G7議長国フランスの優先課題であるアフリカに関する特別セッションでは、各国外相がアフリカの平和維持活動を支援し、サヘル地域の不正取引と闘うため、国際社会の動員について取り上げました。紛争下の性暴力からの女性の保護や、和平プロセスや危機解決における女性の役割の強化など、ジェンダー不平等の是正が議論の中心となりました。

JPEG - 67 kb
© Frédéric de la Mure / MEAE

 アフリカをめぐる各国外相の議論には、アフリカ連合委員会のムーサ・ファキ委員長、レイラ・ゼルーギ・コンゴ民主共和国担当国連事務総長特別代表が出席するなど、国際機関も全面的に参加しました。国連ウィメンのプムジレ・ムランボ=ヌクカ事務局長、アフリカ開発銀行「女性、ジェンダー、市民社会」部門のヴァネッサ・ムンガー部門長も会合に参加しました。両氏ともG7ジェンダー平等諮問委員会委員です。

 各国外相は8月24日から26日まで開催されるG7ビアリッツ・サミットのために、脅威を削減し、不平等と闘うとともに、民主主義を強化することができる提案の表明に向けて努力しました。

 報道資料(英語)最終声明(英語)、G7外務大臣会合で採択されたすべての成果文書(英語)をダウンロードできます。

G7外務大臣会合の開催結果 - JPEG

G7外務大臣会合の開催結果

最終更新日 01/07/2019

このページのトップへ戻る