国際デザイン製品展にフランス・パビリオン初出展 [fr]

JPEG

 最先端のデザイン製品が一堂に集まる第10回DESIGN TOKYO-国際デザイン製品展が6月26日(水)から28日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されます。今回初めてフランス・パビリオンが出展します。日本市場への入り口となるこの商談専門展に、フランス企業11社が出展し、メード・イン・フランスの製品とノウハウを紹介します。

 フランスの装飾品ブランドは長年、国境を越えた高い知名度を誇ります。特に日本では、その洗練性と創造性に定評があります。有名な高級ブランドが名声に大きく貢献しているのみならず、業界の大部分を占める多数の中小企業や中堅企業も、その質の高いノウハウや豊かな歴史で、日本で極めて高く評価されています。

 イノベーションに強い関心を向ける日本市場は、国民1人当たりの国内総生産(GDP)が3万8,440ドルという世界で最上位クラスの生活水準に支えられています。2018年の装飾品市場規模は287億ユーロと推定され、拡大を続けています。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を控えたホテル建設の増加も、多くの潜在的な商機をフランスの高級装飾品メーカーにもたらしています。

関連情報

最終更新日 26/06/2019

このページのトップへ戻る