エンゲージメント・グループ「Y7」 [fr]

JPEG

 Y7(Youth 7)はグローバル・ガバナンスに関する問題に全力で取り組むことを希望する、主にG7諸国出身の若者が集まるエンゲージメント・グループです。

 Y7は2011年にG7議長国フランスのもとで設立され、複数の会議や「ユースサミット」の際に、さまざまな分野から代表が集まります。今年のユースサミットは6月9日から14日まで、パリで開催されました。これらの代表は、透明性と包摂性を最大限に確保した手続きを経て選出されます。

JPEG - 88.6 kb
© Adrien Thibault / Open Diplomacy

 フランス側のまとめ役はオープン・ディプロマシー学院です。同学院は1)経済的不平等との闘い、2)ジェンダー不平等との闘い、3)気候変動の影響による不平等との闘い、4)テクノロジーの大変革という文脈における不平等との闘い、という4つの柱に沿ってY7の作業を進めます。この4つのテーマを中心にY7サミットで議論し、取りまとめた提言をG7各国首脳に提出します。今春、幅広く実施された市民意見聴取の結果も提言に反映されます。市民意見聴取の結果はこちら(フランス語)

 詳しい情報は、オープン・ディプロマシー学院ホームページ(フランス語)をご覧ください。

最終更新日 01/07/2019

このページのトップへ戻る