エンゲージメント・グループ「C7」 [fr]

JPEG

 C7(Civil 7)はG7諸国の市民社会組織や国際連帯アクターが主に集まるエンゲージメント・グループです。C7はG7諸国の非国家アクターの提言を指導者に対し、政府の説明責任として、より幅広く推進することをめざします。

 G7議長国フランスの任期中、C7のまとめ役を務めるのはコオルディナシオンSUDです。ジェンダー平等、気候と環境、教育、保健、食料安全保障、農業、栄養、平和と安全、開発のための資金調達、税の公正など、さまざまな側面から不平等との闘いについて議論します。

 C7サミットが7月1日から3日までパリで、アフリカ諸国の市民団体も参加して開催され、これらのテーマ全般に関する各国首脳への提言を表明する予定です。

 C7の代表者は2月5日にリヨンで、G7各国首脳の個人代表であるシェルパとの議論に招待されました。

 詳しい情報は、コオルディナシオンSUDのホームページ(フランス語)をご覧ください。

最終更新日 01/07/2019

このページのトップへ戻る