積極的に取り組む地域住民の横顔 [fr]

JPEG

 ビアリッツは8月24日から26日まで、G7各国首脳、数千人の各国代表団、世界中のジャーナリストを迎えます。

 彼らは世界に開かれた、個性の際立つ都市、県、地方に触れることになります。

 ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏のピレネー=アトランティック県、バスク地方にあるビアリッツでは、女性も男性もジェンダー平等に積極的に取り組み、環境・エネルギー移行に力を注ぎ、ブルー成長のチャレンジに取り組む一方、伝統の尊重、ノウハウと職人技の活用、イノベーションを取り合わせながら、歴史に根差した唯一無二の文化遺産を息づかせています。

 地域の人たちがG7ビアリッツ・サミット開催に向けて、さまざまな声を寄せました。

ビアリッツ市のミシェル・ヴナック市長

市民組織「サーフライダー・ファウンデーション」のボランティアたち

アンドレ・ロジエ、ビアリッツのレストラン「レ・ロジエ」のシェフ、2007年フランス国家最優秀職人章

ゾエ・グロスピロン、プロサーファー

バイヨンヌのハムフェアで出会った2人の職人、ペイオ・エチェルクとピエール・オテイザ

最終更新日 16/07/2019

このページのトップへ戻る